オンライン
ショップ

自転車のコラム

自転車のチェーンのサビを放置しておくのは危険!おすすめの対処法は?

image

自転車がいつの間にかサビていたなんて経験はありませんか?とくにチェーンはサビると赤茶色になるため目立ちやすく、気になる方もいるでしょう。

しかし、チェーンがサビたからといってすぐに自転車に乗れなくなるわけでもないため、そのままにしている方が多いのではないでしょうか?実は、自転車のチェーンがサビているのをそのままにしておくのは危険です。

そこで本記事では、自転車のチェーンがサビるとどのような危険があるのか、チェーンがサビたときの対処法を解説します。

【こんな人におすすめ】

・自転車のチェーンがサビている
・自転車のチェーンがサビるとどうなるのか知りたい
・チェーン以外にサビる場所があるのか知りたい
・放置しておくとどのような危険があるのか知りたい
・自転車のチェーンがサビたときのおすすめの対処法を知りたい

自転車のチェーンがサビているけどそのままにしている方、どのように対処していいのかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

↓自転車売るならアップガレージサイクルズへ↓

自転車のチェーンがサビる主な原因


自転車がサビる主な原因は、水分です。たとえば、雨や朝夕の冷え込みによる結露などで発生する水分です。

水で金属がサビるというのは知っているという人も多いかもしれませんが、自転車のチェーンも同じです。雨や結露などで自転車が濡れたままの状態で放置をすると、金属部分が酸化してしまい、サビの原因になります。

また、海辺の近くなどでもサビが生じやすくなるため、注意が必要です。

自転車のチェーンをサビたままにするのは絶対にやめて!


自転車のチェーンをサビたまま放置している方、多いのではないでしょうか?実際、普通に乗れるため問題ないのではと思われがちですが、実はかなり危険です。

自転車のチェーンがサビてくると、まずチェーンが赤茶色になります。最初の頃はところどころに見えるだけかもしれませんが、放置しておくとチェーン全体に広がります。そして、チェーンがサビてくると、キュルキュルといった今までになかった音が聞こえるようになり、やや不快に感じる方もいるでしょう。

また、色が変わる、音がするぐらいなら我慢できる方もいるかもしれませんが、サビは性能にまで悪影響を与えます。たとえば、サビが進むと内部までボロボロになり、チェーンが切れてしまうことも…。

さらに、チェーンが切れたことによりコントロールを失って、転倒し大怪我をしたり、大きな事故に巻き込まれたりと命に関わる危険があります。

たかがチェーンがサビているだけと甘くみてはいけません。最悪の場合、命に関わるものだと理解し、サビた状態で放置するのは絶対にやめましょう!

サビるのはチェーンだけじゃない


実は、サビるのはチェーンだけではありません。自転車がサビるといえば、チェーンのイメージが強いですが、下記のようなパーツもサビることがあります。

・スタンド
・ハンドル
・ネジ、ナット
・スポーク
・リム
・クランク

金属以外の素材で作られたり、加工されていたりする部分は、サビが発生しにくいですが、チェーン以外にもサビが発生する可能性があることは知っておきましょう。

先ほどチェーンがサビたままの状態で放置する危険をお伝えしましたが、サビたままにするのは事故などのトラブルに巻き込まれる可能性が高くなるため、おすすめできません。

自転車のチェーンがサビたときの対処法


自転車のチェーンがサビたときの対処法は、大きく3つあります。

  • 自分でサビを取る
  • プロにサビを取ってもらう、チェーンを交換してもらう
  • 車体ごと買い替える

対処法として、まず思い浮かぶのは自分でサビを取ることや、自転車屋さんに持っていってサビを取ってもらうことでしょう。

しかし、その2つ以外にも対処法があるのです。

それは、車体ごと買い替える方法です。実は車体ごと買い替える方が、場合によってはお得なケースもあります。

おすすめの対処法である車体ごとの買い替えも含め、それぞれの詳細を確認していきましょう!

自分でサビを取る

自分でサビを取ることも可能です。

必要なものは、サビ取り剤、保護手袋、マスク、ゴーグル、ブラシ、保護油です。

口や目などにサビ取り剤が入らないようにしたら、サビ取り剤を塗布し、ブラシで擦っていきます。

サビが取れたら、保護する目的で保護油を塗って完了です。

自分でおこなえるなら自分でやりたいと思う方もいるでしょう。しかし、手間がかかる上、しっかりサビが取れていない場合チェーンがサビたことが原因の事故などの可能性は残ったままになるため、あまりおすすめできません。

プロにサビを取ってもらう

自転車屋さんのようなプロに依頼するのも選択肢の一つです。プロがサビを取ってくれるため、きれいにサビを落とせるでしょう。

また、サビ取りだけではなく、チェーンを交換する方法もあります。素人がおこなうのは難しいですが、プロに依頼すれば可能なのでチェーンの劣化も考慮しつつ、交換も検討するとよいでしょう。

ただし、いずれにしてもプロにサビ取りやチェーンの交換を依頼するということは、必ず費用がかかります。依頼するところによって異なりますが、数千円程度かかるのが一般的です。

プロにサビを取ってもらったり、チェーンを交換してもらったりするのは安心感がありますが、必ずコストがかかる点はデメリットだといえるでしょう。

絶対に修理したいわけではない場合や、修理にコストをかけることにやや抵抗がある場合は、次で紹介する買い替えを検討してみてください。

車体ごと買い替える

「自分で直すのは専門的な知識がないから危険だし、プロに直してもらうのは費用がかかるから気乗りしない…。」

このように悩んでいる方は、思い切って車体の買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。実は、場合によっては車体ごと買い替える方がお得なケースがあります。

長い間乗っている自転車はチェーン以外のパーツも劣化している可能性があります。壊れる度に修理・交換をお願いしていると、新品の自転車が購入できるほど費用が嵩んでしまうケースも考えられます。

それならいっそ、新しい自転車を購入するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。気分も上がって外出が楽しくなるかもしれません。通勤や通学で自転車を利用されている方は、安心を買うことができます。

また、買い替えの際は、古い自転車を買取に出すのがおすすめです!

買取に出すことで思わぬ臨時収入をゲットでき、新しい自転車の購入資金に充てることができます。私たちアップガレージサイクルズなら、空気が抜ける自転車でも買取いたします!

自転車を売るならアップガレージサイクルズがおすすめ!


「自分でサビを取るのは手間だし、サビ取りにかかる費用がもったいない…。」

このようにお悩みの方は、ぜひアップガレージサイクルズにおまかせください!

アップガレージサイクルズは、どんな自転車でも500円以上で買取します!サビていたり、ブレーキ音がしたりするような自転車も買取可能で、ブレーキが効いて押し引きできるなら子供用自転車でもママチャリでも問題ありません!

さらに、自転車関連のものであればすべてが買取対象であるため、「これは売れるのかな?」といった心配も必要ありません。

チェーンがサビている危険な自転車は手放し、新しい自転車をお得に手に入れてみませんか?

電話番号:0120-417-182
受付時間:9:00〜18:00 年中無休(12/31〜1/3を除く)

アップガレージサイクルズの買取実績

アップガレージサイクルズで買取した自転車を紹介します。

アップガレージサイクルズでは、紹介する買取実績以外にも様々な自転車を買い取っています。もっと見たい方はこちら ↓
買取実績をもっと見る


BRIDGESTONE(ブリヂストン) CAJUNA 27インチ シティサイクル
買取価格:¥11,000
状態:保管汚れ程度有りますが走行をあまり感じさせない使用感です!
買取店舗:サイクルズ相模原駅前店


玉越 BEE 18インチ 子ども用自転車
買取価格:¥550
状態:サドル破れ、錆多数、チェーン錆で固着。要修理。
買取店舗:サイクルズ横浜町田総本店


TREK(トレック) DOMANE AL3 ホワイト 2022年モデル ロードバイク
買取価格:¥87,100
状態:細かいキズや塗装剥がれありますが綺麗です。
買取店舗:サイクルズ北戸田店

まとめ

自転車のチェーンは、水分でサビることがあります。

自転車に乗っていれば誰もが経験するようなことですが、実は放置しておくのは非常に危険です。サビが進行したことによりチェーンが切れ、転倒したり、大きな事故につながる恐れがあります。チェーンがサビているのをそのまま放置するのはやめましょう。

おすすめなのは、車体ごと買い替える方法です。自分で直すのは手間がかかりますし、サビ取りには費用がかかります。その点、車体ごとの買い替えであれば売却して得たお金は次の購入に当てられますし、お得に新しい自転車に乗り換えられますよ!

自転車の売却を検討している方は、ぜひアップガレージサイクルズへご相談ください!

↑