オンライン
ショップ

自転車のコラム

【必見】自転車のタイヤの空気が抜ける原因は?おすすめの対処法も解説!

image

「最近自転車の空気が抜けやすい気がする…。」
「何回空気を入れてもすぐに空気が抜けてしまう。」

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

自転車の空気が抜けることは自転車に乗っているのであればよくある話ですが、原因は何なのか、どのように対処すればいいのかよくわからない方もいるでしょう。

そこで本記事では、自転車の空気が抜ける原因や放置しておくと起こるトラブルについて紹介します。

【こんな人におすすめ】

・最近自転車の空気が抜けやすいと感じる
・何度空気を入れてもすぐに抜けてしまう
・自転車の空気が抜ける原因を知りたい
・放置しておくとどのような危険があるのか知りたい
・自転車の空気が抜けるときのおすすめの対処法を知りたい

自転車の空気が抜けると、空気を入れなければならなくなり、けっこうな負担ですよね。

おすすめの対処法も紹介するので、自転車の空気が抜けると悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

↓自転車売るならアップガレージサイクルズへ↓

自転車の空気が抜ける原因は2つ

自転車の空気が抜ける原因は、大きく2つあります。

  • 虫ゴムの劣化
  • パンク

なぜ空気が抜けるのかわかれば、その後の対処もスムーズにおこなえます。

それぞれの詳細を確認しましょう。

虫ゴムの劣化

虫ゴムの劣化は、自転車の空気が抜ける原因となります。

虫ゴムは、空気を入れるときに使用するバルブ部分をふさいでいる金属棒にはめられているゴムです。

ぱっと見ではわからないのでなかなか馴染みがないかもしれませんが、虫ゴムが破れていたり、ちぎれていたりすると、空気が抜けてしまいます。

「空気は入るけど、徐々に空気が抜けていく…。でも、パンクはしてないんだよなぁ。」

という方は、この虫ゴムの劣化が原因である可能性が高いでしょう。

パンク

自転車の空気が抜ける原因といわれたら、パンクが真っ先に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

パンクは見た目でもわかるケースが多く、自転車の空気が抜ける原因としてわかりやすいです。

金属片が刺さっているなど、目に見えてタイヤに傷がついている場合、自転車の空気が抜ける原因はパンクと判断して問題ないでしょう。

ただの空気漏れとパンクの見分け方

自転車の空気が抜ける原因がわかったところで、原因がどちらにあるのかを見分ける方法についてもお伝えします。

空気が抜けている気がすると感じたら、まずはタイヤをゆっくりと動かしながら目視で金属片などの異物があるかどうかを確認してみてください。

この時点で、金属片などの異物が見つかれば空気が抜ける原因はパンクである可能性が高いでしょう。

金属片などの異物が見つからなかった場合は、1度空気を入れて様子を見てください。

半日も経たないうちに空気が抜けてタイヤがぺったんこになった場合は、パンクを疑います。

もし、翌日以降、徐々に空気が抜けるのであれば、パンクではなく虫ゴムの劣化が原因である可能性があります。

見分ける方法はそれほど難しくはないため、現在自転車の空気が抜けると悩んでいる方は1度試してみてください。

自転車の空気が抜ける状態を放置しておくのは危険…

自転車の空気が抜ける原因に対処せず、そのまま放置しておくことは危険であるため、絶対にやめましょう。

具体的には、空気が抜けやすいと感じて自分で空気を入れたとき、まずは半日様子をみます。

その後、半日では問題がない場合も翌日以降数日は様子を見てください。

半日で空気が抜けるならパンク、翌日以降数日をかけて徐々に空気が抜けていく場合は虫ゴムの劣化が原因である可能性が高いです。

ただ、空気が抜ける原因が虫ゴムの劣化でもパンクでも、そのまま乗り続けると転倒して大怪我をする恐れや、コントロールを失い大きな事故につながる恐れがあります。

また、空気が抜けている状態はタイヤの損傷が進みが早く、最悪の場合ホイールまで傷めることになります。

ホイールまで傷めるとタイヤ自体を交換しないといけなくなるケースもあり、高額な出費は避けられません。

たとえパンクではなくても、自転車の空気が抜ける状態、抜けやすくなっている状態を放置しておくことは高額な出費だけではなく、命の危険を招くことがあります。

絶対に放置しないようにしましょう!

自転車の空気が抜けるときの対処法

自転車の空気が抜けるときの対処法は、次のとおりです。

  • 自分で直す
  • プロに直してもらう
  • 車体ごと買い替える

対処法として、自分で直す方法やプロに直してもらう方法を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

実は、対処法はその2つだけではありません。
知っておかないと、時に損することも…。

おすすめの対処法である車体ごとの買い替えも含め、それぞれの詳細を確認していきましょう!

自分で直す

自転車の空気が抜ける原因が、虫ゴムの劣化でもパンクでも自分で直すことができます。

自分で直すメリットは、費用が安く済むことです。

ただし、原因が何であれ、自分で直すためには自転車に関する専門的な知識が必要であり、あまりおすすめできません。

もし間違った修理の仕方を実践すると、症状が改善しないだけではなく、故障や事故につながる危険があります。

プロに直してもらう

自転車の空気が抜けるから修理したいと考える方の多くは、自転車屋さんなどのプロに直してもらう方法を考えるでしょう。

たとえば、私たちアップガレージサイクルズであれば、パンク修理は1,320円、タイヤ交換については1,320円から修理可能です。

タイヤ交換については、シティサイクルなのかスポーツ車なのか、フロントなのか、リアなのかで修理費用が変わるため、詳しくはお問い合わせください!

プロに直してもらうメリットは、修理が的確におこなわれ症状が改善すること、お気に入りの自転車ならそのまま乗り続けられることです。

ただし、プロに直してもらう以上、虫ゴムの劣化が原因でもパンクが原因でも、数千円程度の修理費用が必ずかかります。

自転車の状態によっては、それ以上になることもあるでしょう。

修理することにこだわらない、修理費用の支払いにやや抵抗がある場合は、次で紹介する買い替えも検討してみてくださいね!

車体ごと買い替える

「自分で直すのは専門的な知識がないから危険だし、プロに直してもらうのは費用がかかるから気乗りしない…。」

このように悩んでいる方におすすめなのが、車体ごとの買い替えです。

実は、場合によって車体ごと買い替える方がお得なケースがあります。

長い間乗っている自転車はタイヤ以外のパーツも劣化している場合がほとんどです。

それらをいちいち修理・交換していると、車体価格より修理費用が高くなってしまうこともあるかもしれません。

それならいっそ、新しい自転車を購入してしまうのも手なのではないでしょうか。気分も上がって外出が楽しくなるかも。

また、買い替えの際は古い自転車を買取に出すのがおすすめです!

買取に出せば古い自転車を処分しながら、臨時収入を得ることができるかもしれません!新しい自転車の購入資金に充てれば、とってもお得に自転車を買い替えることができます!

私たちアップガレージサイクルズであれば、空気が抜ける自転車でも買取できますよ!

自転車を売るならアップガレージサイクルズがおすすめ!


「車体ごと買い替えたいけど、どこで売ればいいのかわからない…。」

そんな方は、アップガレージサイクルズにおまかせください!

アップガレージサイクルズは、どんな自転車でも500円以上で買取します!
押し引きができてブレーキが効くのであれば、空気が抜ける自転車でも全く問題ありません。

サビていても、子供用の自転車でも大丈夫ですよ!

さらに、自転車に関連するものはすべて買取対象です。
幅広い商品を買い取れるため、自転車に関連するものであれば、これは売れるのかなと心配する必要もありません。

自転車の空気が抜ける、抜けやすいと悩んでいる方や、自転車を「高く」買い取ってほしい方は、気軽にお問い合わせください!

電話番号:0120-417-182
受付時間:9:00〜18:00 年中無休(12/31〜1/3を除く)

アップガレージサイクルズの買取実績

アップガレージサイクルズで買取した自転車を紹介します。

アップガレージサイクルズでは、紹介する買取実績以外にも様々な自転車を買い取っています。もっと見たい方はこちら ↓
買取実績をもっと見る


BRIDGESTONE(ブリヂストン) CAJUNA 27インチ シティサイクル
買取価格:¥11,000
状態:保管汚れ程度有りますが走行をあまり感じさせない使用感です!
買取店舗:サイクルズ相模原駅前店


玉越 BEE 18インチ 子ども用自転車
買取価格:¥550
状態:サドル破れ、錆多数、チェーン錆で固着。要修理。
買取店舗:サイクルズ横浜町田総本店


TREK(トレック) DOMANE AL3 ホワイト 2022年モデル ロードバイク
買取価格:¥87,100
状態:細かいキズや塗装剥がれありますが綺麗です。
買取店舗:サイクルズ北戸田店

まとめ

自転車に乗っていると、空気が抜けやすくなったなと感じることがあります。

自転車に乗っている以上仕方がないのですが、原因が何であれそのまま放置しておくのは大変危険です。

タイヤごと取り替えるだけで済むならまだ良いですが、転倒して大怪我をする、コントロールを失って事故にあうなど、命に関わることもあります。

そのため、自転車の空気が抜ける、抜けている気がすると感じたら、すぐに対処するようにしましょう。

自分で直すことやプロに修理してもらうことが悪いわけではありませんが、知識が必要だったり、費用がかかったりします。

そこで、車体ごと買い替えることも選択肢の一つに入れておきましょう。

場合によっては、すごくお得に新しい自転車を手に入れられますよ!

自転車を高く売りたいならアップガレージサイクルズへ!

↑