オンライン
ショップ

自転車のコラム

【厚木市】自転車を処分したい!粗大ごみの出し方&高く買い取ってもらう方法

image

「不要になった自転車を処分したい」「でも、どうやって処分すれば良いのかわからない」と、自転車の処分方法に悩んではいませんか。
あるいは「まだ乗れる自転車」「ずっと乗ってきた思い入れのある自転車」をごみにしてしまうことに罪悪感を抱く人もいるかもしれません。

とはいえ自転車の保管には、相応のスペースが必要です。不要になったら少しでも早く片づけたいとも思いますよね。

この記事では厚木市で自転車を処分したい人に向けて、「粗大ごみとして処分する方法」「ごみにしない方法」を解説します。自転車の処分でお小遣いが手に入るかもしれない「買い取り」という選択肢も紹介しています。

最後までチェックし、自分にもっとも合った自転車の処分方法を見つけてください。

自転車を処分…する前に、チェックしたいポイント

自転車は、いきなり処分場に持ち込んでも受け入れを拒否される場合があります。せっかくの手間が徒労とならないために、処分の前に押さえておきたい3つのポイントを見てみましょう。

自治体の処分方法を調べる

はじめにお住まいの自治体の処分方法を調べます。自転車は自治体によって分別が異なり、処分できる手段も変わるためです。

多くの市区町村のホームページでは、「くらし>ごみ」とたどると処分方法が書かれたページに行きつきます。
探し方がわからない場合は「厚木市 ごみ 処分方法」と検索してみてください。

自治体のルールを把握したら、自転車を処分する準備に入ります。

リユースできないか検討する

まだまだ乗れる自転車をごみにしてしまうのは、もったいないことです。環境のため、限られた資源の有効活用のためにもリユースできないか考えてみましょう。

リユースする方法には、以下があります。

  • 自転車専門店に買い取ってもらう
  • リサイクルショップで買い取ってもらう
  • フリマアプリなどで販売する
  • 使ってくれる人に譲る

自転車の状態や手元に保管できる期間などによって、最適な手段は変わります。後ほど詳しく解説しますので、続きをご覧ください。

防犯登録を解除する

処分する前に、防犯登録を解除します。

防犯登録を解除すると、警視庁に登録されている自転車と所有者に関するデータ(情報)が抹消されます。

もし防犯登録を解除しておかないと、万一自転車が犯罪などに使われた場合に持ち主としてあなたの名前が挙がり嫌疑がかかるおそれがあります。
知人に譲った場合でも、所有者と使用者が異なると「盗難自転車ではないか」とトラブルになる可能性も考えられます。

所定の手続きを経て、防犯登録を解除してから処分するよう気を付けましょう。

防犯登録の解除方法

防犯登録は、自転車を購入した店舗や「自転車防犯登録所」の看板が掲示してあるショップでのみ解除手続きができます。
自転車専門店に買い取りを依頼すると、買い取りと同時に解除手続きも済ませられます。

防犯登録の解除では以下を持参してください。

防犯登録の解除に必要な持ちもの

  • 自転車本体
  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証など)

防犯登録した際に受け取った防犯登録カードの控えがあると、よりスムーズに手続きが進みます。

厚木市で自転車を処分する方法

厚木市での自転車は、「粗大ごみ」に分別されます。以降では厚木市で粗大ごみを処分する具体的なやり方を、詳しく解説します。

指定の場所に持ち込む

粗大ごみを清掃工場などに持ち込んで処分してもらう方法です。
粗大ごみの持ち込みには事前に予約が必要です。
厚木市の持ち込み先は、1か所あります。

持ち込み先

<厚木市環境センター>
電話:046-225-2790
所在地:厚木市金田1641番地1
受付日時:月曜日から金曜日、第2・第3土曜日 8時30分から12時・13時から16時30分

・厚木市内在住の方のみ持ち込みが可能です。
・搬入時に市内在住を証明できる免許証などをご提示していただきます。
・本人以外が搬入する場合は委任状と搬入者の身分証明書が必要です。
・他のごみや資源(せん定枝を除く。)の搬入はできません。
・1世帯1日1回、20点までとなります。

申し込み方法

<電話受付>
申し込み先:厚木市環境センター
電話番号:046-225-2790
受付時間:8時30分から17時15分まで

<インターネット受付>
申し込み先:厚木市粗大ごみインターネット受付

処分料

1点につき500円

・処理手数料は、現金または各種キャッシュレスでお支払いできます。環境センター駐車場内の会計でお支払いください。
・各辺の長さの合計(高さ+横幅+奥行)が300センチメートル以上のたんす、ベッド枠、ベッドマット、棚類、物置、ソファー、マッサージチェア、テーブルは「特定粗大ごみ」となり、1点につき1,000円必要です。

収集に来てもらう

粗大ごみの収集には、事前に申し込みが必要です。粗大ゴミの収集の申し込み方法は、電話受付とインターネット受付があります。

申し込み方法

<電話受付>
申し込み先:厚木市環境センター
電話番号:046-225-2790
受付時間:8時30分~17時15分

<インターネット受付>
申し込み先:厚木市粗大ごみインターネット受付

・住所・氏名・電話番号・品目・点数・ごみを出す場所を確認します。
・申込内容の追加・変更は、配車の都合上、収集日の3日前(土・日・祝日、年末年始を除く)まで可能です。
それ以降の追加・変更については、予約した収集日の翌日以降に、別途予約いただくようお願いします。

処分料

1点につき500円

・粗大ごみシール(1枚500円)を必要枚数購入してください。
・各辺の長さの合計(高さ+横幅+奥行)が300センチメートル以上のたんす、ベッド枠、ベッドマット、棚類、物置、ソファー、マッサージチェア、テーブルは「特定粗大ごみ」となり、1点につき1,000円必要です。

処分の流れ

①電話、またはインターネットから申し込みをします。
②予約電話の際に確認した金額分の粗大ごみシールを購入します。
③粗大ごみシールを品物に貼ります。
④収集日当日の朝9時までに、確認した収集場所に出します。

粗大ごみシール取扱所は以下をご参照ください。
粗大ごみシール取扱所

・立ち会いの必要はありません。
・夕方までに収集します。
・粗大ごみシールの貼付けがない粗大ごみ、電話等で申込みのない粗大ごみは収集できません。

【注意】電動自転車の処分

電動自転車のバッテリーは発火の危険性があるため、
リサイクル協力店のリサイクルボックスへ出してください。
(参考:一般社団法人JBRC協力店検索

厚木市で自転車を処分(リユース)する方法

不要になった自転車がまだ使えそうなら、「リユース」も検討しましょう。自転車のリユース方法を、4つ解説します。

リサイクルショップに買い取ってもらう

確実に・手早く自転車を手放したい場合は、リサイクルショップに買い取ってもらう方法がおすすめです。
走行に支障がない自転車であれば、期待以上の高値で買い取ってもらうことも可能です。

「引っ越しで自転車が不要になった」といった場合は、引っ越しで出た不用品もまとめて処分できます。

ただし自転車のプロが査定するわけではないため、価値を正当に評価してもらえるかは不安が残るかもしれません。少しでも高く売りたい人は、後ほど紹介する自転車専門店での買い取りも検討してみましょう。

インターネットオークションやフリマアプリで販売する

「急いで処分したいわけではない」「とりあえず自転車を置いておく場所はある」人には、インターネットオークションやフリマアプリの利用がおすすめです。

自転車の部品が欲しい人、折り畳み自転車を探している人など、さまざまな層にアプローチできる点がメリットです。

ただし画像でしか商品を確認できない点や個人間の取引である点から、トラブルになりやすいことは押さえておきましょう。

また自転車はサイズが大きいため、送料が想定以上にかかり利益が残らない場合もあります。

ジモティーで譲る

「ジモティー」は地域の中古品情報や求人情報を掲載してるインターネット掲示板です。要らなくなったものを、必要とする人に譲る媒介として利用されています。

無料譲渡もできますが、状態の良い自転車なら販売も可能です。手渡しできるよう地域を限定しての取引ができ、送料がかからない点もメリットです。

譲渡前には自転車販売店に持っていき、忘れずに防犯登録を解除しておきましょう。

少しでも動く自転車なら「自転車専門店での買い取り」がおすすめ

自転車を処分するときは、「大切に乗ってきた自転車だが手放す」「何かと物入りな引っ越しにともなって処分する」など、それぞれ事情があるはずです。

自転車を手放す事情がどのようなものであれ「少しでもお金になれば嬉しい」のは、多くの人に共通する心理ではないでしょうか。

自転車を処分し手元にお金を残したいと思うのであれば、自転車専門店での買い取りがおすすめです。

専門店ならではのメリットや利用方法を解説します。

自転車を買い取ってもらうメリット

自転車の買い取りは、リサイクルショップでも可能です。しかし自転車専門店に依頼すると、他にはないメリットを手に入れられます。

自転車を専門店で買い取ってもらうメリットは、次の3つです。

  • 車体からパーツまで、なんでも買い取ってもらえる
  • プロがしっかり査定するため、高く買い取ってもらえる
  • 出張買取や宅配買取など、引き取り方法が豊富

カスタムパーツや海外製自転車などこだわりの自転車でも、自転車に詳しくない人が見れば「普通の自転車」と同じに見えてしまうかもしれません。

しかし専門店には経験豊富な査定のプロがいるため、自転車もパーツも価値を見極め正当な査定額を提示してもらえます。

また店舗に行けない人のために、出張買取・宅配買取などさまざまな買い取り方法が用意されている点もメリットです。

厚木市で自転車を処分するならアップガレージサイクルにご相談ください

アップガレージサイクルは、1都3県を中心に店舗を展開する自転車の専門店です。リユースビジネスに長年携わってきた経験とノウハウにより管理コストを大幅削減、高価買取を実現しています。

他店で断られた自転車もご相談ください。自転車のプロが、パーツまで細かく見て査定します。

厚木市の近くのアップガレージサイクル

アップガレージサイクルズ横浜町田店
住所:東京都町田市鶴間5丁目1-46
TEL:042-788-3196
営業時間:10:00~20:00(年中無休)

アップガレージ相模原店
住所:神奈川県相模原市中央区陽光台6-8-16
TEL:050-1807-4985
営業時間:10:00~20:00(年中無休)

アップガレージ平塚店
住所:神奈川県平塚市四之宮5-29-1
TEL:0463-51-4000
営業時間:10:00~20:00(年中無休)

※相模原店と平塚店は、自動車パーツ買取・取付専門のアップガレージですが、アップガレージサイクルズと同系列店なので、自転車の買取は可能です。ただし、販売は行っていませんので、注意してください。

アップガレージサイクルは、押し引きができ、ブレーキが効く自転車・修理後再販が可能な自転車なら買い取ります。

「こんな自転車でも売れるのかな」
「ママチャリだけど売れるかな」
「ブランドの自転車じゃないんだけど…」

そんな自転車こそ、アップガレージサイクルが引き取ります。

まずはお近くの店頭、もしくはWEB・LINEから査定をお申し込みください。

WEB買取査定
LINE買取査定

まとめ

自転車の処分前には、自治体のルールをしっかり調べましょう。ルールを無視した処分や廃棄は、絶対にしてはいけません。

厚木市で自転車を持ち込みで処分する場合は、電話(046-225-2790)もしくはインターネットより、事前に申し込みをします。持ち込み先は、厚木市環境センター(厚木市金田1641番地1)です。

収集に来てもらうには、電話(046-225-2790)、もしくはインターネットからお申し込みが可能です。処分の際は、申し込み時に確認した金額分の粗大ごみシールを購入し、品物に貼り付けた後、収集日当日の朝9時までに出すようにしましょう。

処分を考えているものの、まだ乗れる自転車や思い入れのある自転車なら買い取りを選ぶのもおすすめです。自転車に次の役目を与えられるだけでなく、お小遣いも手に入れられます。

自転車の買い取りはリサイクルショップより専門店に依頼しましょう。自転車の価値を正しく見極めてもらえるため、思わぬ高値で買い取ってもらえる場合があります。
アップガレージサイクルズ横浜町田店」「アップガレージ相模原店」「アップガレージ平塚店」に、いますぐお問い合わせください。

参考:粗大ごみの出し方|厚木市

↑